リハビリテーション科|レイクタウン整形外科病院|人工関節置換術 骨切り術

リハビリテーション科

リハビリテーション科ご案内

診療について

当院のリハビリテーションは、外来診療で来院される患者様の他、当院に入院されている患者様の術前・術後に「理学療法」「物理療法」を取り入れ、医師の指示のもと診療をご提供しています。

理学療法とは

基本的な動作能力の「起きる・座る・立つ・歩く」などの改善の他、「疼痛」や「しびれ」など身体の違和感を緩和させることを目的に、「徒手的操作(マッサージやストレッチ)」「筋力トレーニング」「歩行練習」などの運動療法や電気刺激、温熱、その他、物理療法を行うことを理学療法といいます。

整形外科疾患の患者様に対し、保存療法、手術前後に理学療法を実施します。
手術後の患者様に対しては、関節可動域運動や筋力トレーニング、歩行練習などの運動療法を早期に開始することで安静による機能低下を防ぎ、患者様の早期社会復帰を目指します。

物理療法とは

「物理療法」は、身体に物理エネルギーである「温熱、寒冷、電気刺激、光線、超音波など」を加えることで、生理的化学変化を起こし、血液循環の改善、筋の緊張や痛みを除去などを図り、運動しやすく身体の機能を整えることを目的としています。
低周波・干渉波、牽引、温熱、超音波療法などがあります。

温熱療法

患部やその周囲を温めることによって疼痛の軽減、筋肉や軟部組織の緊張状態の改善、血流状態の改善を図ります。温めることで精神的にもリラックス効果を得られることも期待されます。

電気刺激

TENS(経皮的電気刺激療法)

主に知覚神経に対して刺激を加える治療法です。
低周波治療と言った場合、一般的にはこのTENSを指します。
痛みを和らげ、筋肉をマッサージしてコリをほぐします。

EMS(神経筋電気刺激療法)
  • 筋肉や運動神経に電気刺激を与えて筋肉を収縮させます。
  • 筋力トレーニングや麻痺した筋肉の運動に使用されます。
干渉波電流刺激療法
  • 周波数の違う2種類の電流を交差させると干渉が起こります。これを治療に応用したのが干渉波電流刺激療法です。
  • 皮膚抵抗の低い中周波電流を利用できるので、低周波に比べてピリピリ感が少なく、深い部位まで作用させることができます。

超音波

超音波の温熱効果として、組織の柔軟性改善、疼痛改善、血流改善が挙げられます。
非温熱効果としては、炎症の治癒促進、浮腫軽減といった目的があります。

外来診療のリハビリ(退院後のフォロー含)

外来診療の流れ

外来診療の流れ

手術をされる方のリハビリ

関節の痛みや変形により、関節の動きが少なくなり筋力低下を招いていることが多くみられます。
それに伴い、歩行や日常生活動作に障害が現れ、活動量が低下し、更なる筋力低下を招いてしまいます。
手術により、関節の痛みや変形は改善されますが、筋力を取り戻すことはできません。
そのため術前のリハビリテーションを行うと共に、術後も早期より、リハビリテーションを開始することで、関節の動きや筋力増強を促し、日常生活動作の早期自立、より早い社会復帰を目指していきます。

手術をされる方のリハビリテーション・スケジュールモデル

術前

  • 評価
  • 関節可動域訓練
  • 筋力増強訓練
  • 自主トレーニング指導
  • 術前指導

術後

1日目 関節可動域訓練、平行棒内歩行訓練
3日目 歩行器歩行訓練
1週間目 T字杖歩行訓練開始
2週間目 階段昇降訓練開始
3週間目 日常生活動作訓練
4週間目 退院

退院後

  • 週1~2回の外来リハビリを行います。
  • 当院へ通院が難しい方は、医師から患者様のお住まいの近隣病院やクリニックをご紹介します。
  • 外来リハビリは関節可動域訓練や筋力トレーニング、日常生活動作訓練などを行います。
  • 筋力や関節の動きを維持・向上するために自宅での自主トレーニングのアドバイスも致します。

術後のリハビリテーション・スケジュールモデル

術後のリハビリテーション・スケジュールモデル

患者様の症状や背景により、リハビリテーションの内容も異なりますので、あくまでも一つ例となります。
また、当院は、手術が終わったことで患者様は「卒業」されると考えていません。
リハビリテーション科として「一生のお付き合い」ができる患者様のホームグラウンドとなりたいという考えでいます。
どんな小さなことでも、ご不明点等がありましたら、遠慮なくご相談ください。

当院監修ロコモ体操

当院が監修したロコモ体操動画です。是非、「ロコモチャレンジ!」にご参加ください。

診療体制

診療体制
  • 外来の患者様は、初診の患者様以外は、完全予約制となっております。
  • 理学療法士が必要に応じ対応いたします。
  • 外来の患者様、手術が予定されている患者様共に、医師がリハビリのメニューをご提案させていただきます。メニューに合わせリハビリを行ってください。

※術後のリハビリ成果により治癒効果が格段に異なります。スタッフは患者様を精一杯サポートさせていただきますが、ご自身の「治りたいという力」が最も必要です。

診療時間

入院されている方 月~土 9:00 ~ 17:30
外来でご利用される方 月~金 9:00~11:30 、14:00~16:30
9:00~11:30

リハビリテーション室について

リハビリテーション室では、肩や腰、股関節・膝など身体の痛みでお困りの患者様に対して医師の指示のもと、入院、または外来にて患者様お一人おひとりにあったリハビリテーションを提供しております。

施設基準

運動器リハビリテーションⅠ:エルゴメーター、ホットパック、電波治療器、各種歩行補助具など

施設基準施設基準

入院されている方へ

入院されている患者様に対しては、手術前からリハビリテーションを開始し、手術後は、手術翌日より早期からリハビリを行います。
手術前の状態を基に医師・看護師と連携して機能改善・動作能力向上を図り、早期退院を目指し、一緒に頑張らせていただきます。
退院後は、必要に応じたリハビリテーションが可能です。

外来でご利用される方へ

外来診察にてリハビリテーションの処方を受けられた患者様に対し、症状の改善・日常生活の支障解消を目指してリハビリテーションを行っています。また、ご自身でケアできるようにセルフエクササイズなども紹介しております。