手術・入院|レイクタウン整形外科病院|人工関節置換術 骨切り術

手術・入院

手術される方へ

手術が終わると翌日からリハビリが始まります。
体調に合わせて体を動かしていただきます。まずはトイレまでの移動から始まります。
筋力の回復状態と体調を考慮し、車椅子移動→歩行器歩行→杖歩行と段階を踏んで、移動方法を変えていきます。
手術が終わった翌日から退院を意識してリハビリに取り組みましょう。

人工股関節の手術を受けられる方へ

ご用意していただく物

クッション
クッション

手術後、安心してベッドでの生活が行えるようにするために使用します。
ベッドで仰向け状態から体の向きを変えるときや起き上がるときに股に挟み、人工股関節脱臼を防止します。
また浮腫んだときに足を少し高くして休むのにも便利です。

上履き
上履き

上履きは、踵(かかと)があり脱ぎ履きしやすく歩きやすいため、足の手術をされた方に適しています。長めの靴べらを使えば、自分で脱ぎ履きが出来ます。
リハビリ以外でも使いましょう。
ひも靴は、人工股関節が安定するまでの間は、望ましくありません。
またスリッパはつまずいたり転倒の危険性があります。

靴べら (50cm程度の長さ)
靴べら(50cm程度の長さ)

靴べらを使うと股関節を深く曲げずに靴を脱ぎ履きし易くなります。
前かがみになりすぎると脱臼の心配がありますので、長めの靴べらを使用することで安心して自分で靴の脱ぎ履きが出来ます。

マジックハンド
マジックハンド

マジックハンドは、床に落ちたものを安全に拾ったり、手の届きにくい物を取るときに使用します。物を取るときに前かがみになり過ぎてしまうこと、体を大きくひねる動作は望ましくありません。
マジックハンドがあれば、安全に自分で拾うことが出来ます。

柄付きブラシ
柄付きブラシ

シャワーのときに使用します。
背中や両膝から下を洗う時に使用します。
シャワー用の椅子に座り、膝を外側に開いてブラシを使えば、足先まで自分で洗うことが出来ます。
足を洗うときは、膝を内側にひねらずに洗いましょう。

手術後に使用する病院での介助具

車椅子
車椅子

車椅子は、手術翌日から使用します。
車椅子への乗り降りや移動がスムーズに行えるようになるまでは、看護師またはどなたかが付き添った状態で使用していただきます。
安全に使用できる段階になりましたら、自分で操作をしていただきます。

歩行器 (サークル)
歩行器(サークル)

手術後、歩く練習をするときに使用します。
歩行器に充分慣れるまでは、看護師などに見守ってもらいながら使用して歩きます。

杖

リハビリが進むと杖で歩く練習が始まります。
杖で安全に歩けるようになるまで、または一人での使用許可が出るまでは、看護師など誰かが付き添った状態で使用します。
すでに自分用の杖をお持ちの方は、入院時にご持参ください。

入院される方へ

入院手続きと当日の持ち物のご案内

書類について

書類について

入院されることになりましたら入院申し込み書にご記入いただき、以下の書類を受付あてにご提出くださいますようお願いいたします。

提出書類等
  • 入院申込書(兼 契約書 身元保証含)
  • 個人情報使用同意書
  • 個室利用に関する同意書
  • アメニティセット申込書兼同意書(ご利用を希望される方のみ)
  • 健康保険証・福医療福祉費受給者証(対象の方)
  • 国民健康保険高齢者受給者証(対象の方)
  • 後期高齢者福祉医療受給者証(対象の方)
  • 介護保険負担限度額認定証(対象の方)
  • その他減免認定証等(対象の方)

入院時の保証金について

入院の際、保証金50,000円を受付にてお預かりしています。ご用意をお願いいたします。
尚、保証金は退院時にご返金いたします。

特別の療養環境の提供に関するご案内

当院の個室料金は1日1部屋10,800円となります。全てトイレ・シャワー・洗面所付入院当日・退院当日も1日料金が発生しますのでご了承ください。
個室は6室あります。個室部屋は、A室・B室・C室・D室・J室・I室 となります。

個室数 部屋代
6部屋 10,800円 / 日

その他について

当院は、基本的にご家族付添の必要ありません。ご家族の付き添いとなる場合は、担当医の許可があった方のみとなります。
テレビをご覧になる場合は、テレビカードを購入ください。
*テレビカード1000円(900分対応)

当日の持ち物(ご用意いただくもの)

  • 下着 2~3枚

  • パジャマ(寝巻き)2~3枚
    (有料で貸し出しもいたします)

    ※寝具は病院で用意します。
    ※必要な方はリハビリ用の衣類をご用意ください。

  • 洗面道具

    各自でご用意いただくものです。

    • スポンジ(体洗用)
    • 歯ブラシ
    • 歯磨き粉
    • 電気カミソリ
    • プラスチックコップ

    ※ボディーソープ・シャンプー・リンスは病棟で用意があります。

  • 滑りにくい履物

  • バスタオル 2枚

  • タオル   3枚

  • ティシュペーパー

  • 服用中のお薬

  • お薬手帳

  • イヤホン

    ※大部屋の場合、病室のテレビはイヤホンを使用して頂きますのでご用意ください。
    ※病院で販売もしております。

  • 各種同意書

  • 入院時問診票

  • 使用されている方

    • 義歯
    • メガネ
    • それぞれのケース
    • 補聴器
    • コンタクトレンズ ※洗浄剤等ご使用の方はご用意ください。
  • 入院のご案内(冊子)も、お持ちください。
  • 浴室には洗面器・足ふきマットは備え付けてありませんので必要な方はご用意ください。
  • 持ち物には、お名前を書いてお持ちください。
  • 治療内容により入院時の持ち物を追加する場合があります。
  • 多額の現金や貴重品(装飾品を含む)はお持ちにならないようにお願いいたします。
  • テレビ台に備え付けのセーフティーボックスをご利用いただき、必ず施錠をしてください。万一盗難にあった場合、当院は責任を負いかねます。
  • マニキュア、ジェルネイルなどは、入院前におとしてください。
  • ご不明な点は看護師にお尋ねください。

備品・設備等について

備品・設備等のご案内

寝間着の貸与
  • 寝間着の貸し出しをしています。 *有料となります。
  • 別紙「病衣の貸与について」をご覧ください。
  • ご自分のパジャマをご用意していただいても結構です。
食器類について
  • 食事の際の箸・湯飲み茶碗は病院で用意いたします。
テレビ/冷蔵庫
  • テレビは各ベットサイドにあります。
  • テレビカードでご利用いただけます。
  • 病室のテレビをご利用される際は、イヤホンが必要となります。あらかじめご用意頂くか病院にてお買い求めください。
  • テレビカードは3階のカード販売機で購入できます(1枚・1000円)
  • カードの残りは1階の受付にて精算できます。
  • 冷蔵庫は、個室のみでのご利用になります。

※共同冷蔵庫について
当院では、共同冷蔵庫の設置をしておりません。
そのまま放置された食材が混在すると衛生面上の問題があること。また、誰もが使用できる状態になると、万が一危険物等を混入される恐れがあり、安全管理上の問題が生じることから、当院では共同冷蔵庫の設置をしておりません。
ご理解ご協力の程宜しくお願い致します。
温かい飲み物や冷たい飲み物は、3階デイルームに自動販売機がございますので、是非ご利用ください。
何かございましたら、スタッフまでお気軽にご相談ください。

洗濯
  • 当院にはランドリー設備がございません。
  • 洗濯は患者様(ご家族様)で行って頂くかクリーニング業者への委託(有料)となります。
現金・貴重品の取り扱いについて
  • 多額の現金・貴重品の持ち込みはご遠慮ください。
  • テレビ台に備え付けのセーフティーボックスをご利用いただき、必ず施錠をしてください。
  • 万一盗難にあった場合、当院は責任を負いかねます。
  • ご利用の際には、鍵の保管にお気を付けください。

療養の給付と直接関係ないサービスの料金

日常生活のサービスに係る費用

保険診療と直接関係のない日常生活上のサービスにつきましては、下記の料金をいただきます。

品名 金額(円・税別)
テレビカード 1枚  1,000
イヤホン 1個   200
洗濯 1キロまでのネット
洗濯 2キロまでのネット
*ネットに洗濯物を入れて頂き、洗濯返却までに1週間かかります。
1回あたり  800
1回あたり 1,300
オムツ(テープ型) 1枚    200
オムツ リハビリパンツ型 1枚    200
オムツ 尿とりパット 1枚    100

アメニティのセット料金

品名 金額(円/日・税別)
病衣セット 1セット 200
タオルセット(バスタオル・フェイスタオル) 1セット 300
タオルセット+病衣 1セット 500

診断書・証明書発行の料金

ご本人以外の方が申込みをされる場合には、申込書のご記入と身分証明書(運転免許証や保険証等)が必要になります。お電話や郵送での申込みはご本人の確認ができませんので行っておりません。

診断書・証明書等の名称 金額(円・税別)
院内様式一般診断書(職場・学校・警察提出用) 3,000
生命保険関係診断書(簡易保険含む) 5,000
通院証明(通院年月日・日数のみ) 500
保育園・幼稚園・学校提出用治癒証明書 料金不要
交通事故診断書 6,000
身体障害者認定用診断書・意見書 8,000
年金(国民・厚生・障害者)用診断書 8,000
生命保険関係死亡診断書(簡易保険含む) 5,00
コピーフィルム(レントゲン・CT・MRI等) 500
死亡診断書 1通目(市区町村死亡届) 5,000

入院費のお支払について

入院診療費について

  1. 入院診療費の請求は月末締めとし、翌月10日過ぎに請求書を配布いたします。お受け取り後1週間以内にお支払をお願いします。 また、退院時には入院診療費の精算を退院当日にお願いしております。
  2. 入院診療費の内容やお支払い方法等で、ご不明な点がありましたら、受付医事職員までお問い合わせください。
  3. 入院中の患者様に健康保険証(老人受給者証・医療福祉制度・その他公費受給者証)等に変更があった場合は、受付医事職員に提示してください。
  4. 診療費のお支払は、受付窓口にて現金払いまたはクレジットカード払いとなります。
  5. 領収書は高額療養費の手続きなどで必要となります。再発行はできませんので、大切に保管してください。
高額療養費・限度額適用認定書 手続きのご案内

病気や怪我の治療で病院へ医療費の支払が高くなってしまった場合には、高額療養費の制度が適用されて、医療費の一部が払い戻しされます。(払い戻しの額は、年齢や収入で異なります。入院の方は、「限度額適用認定証」を病院に提出すれば、高額療養費分を病院へ支払わなくても済むようになります。入院時に受付まで、保険証とともにご提出ください。
「限度額適用認定証」発行の手続き方法と窓口は、加入している保険によって異なります。この制度を利用できるかどうかの判断は、各国民健康保険、協会けんぽ、健康保険組合が行ないますので、各窓口にご相談下さい。

協会けんぽ

*入院の時期があらかじめ分かっている方は、入院前に手続きができます。
*緊急の入院など入院前に手続きが出来なかった場合でも、同一月内に病院に提出頂ければ利用できる場合がありますので、お早めに手続きください。

入院中の生活について

入院後に受けられる治療や手術について「入院診療計画書」や「クリニカルパス」など用いてご説明をします。
検査や治療の内容、看護の内容についてご不明な点やご質問がありましたら遠慮なく主治医・看護師にお申し出ください。

看護体制

13対1看護体制(13対1入院基本料)
  • 当院は、厚生労働大臣が定める基準による看護(入院基本料)を行なっている保健医療機関です。当院では患者様に対して「13対1看護体制」をとっております。
    「13対1看護体制」とは、入院患者様13人に対して、常時看護師1人以上の配置するというものです。
  • 病室においては、患者様の状態に応じて安全でよりよい看護サービスを提供するために、手術後や状態の観察を充分にする必要がある場合、HCU(スタッフステーション隣の病室)に入室して頂き、回復に伴い、大部屋または個室の移動いたします。
  • 患者様やご家族には、説明を充分に行ないますので、ご協力とご理解のほどよろしくお願いいたします。
  • 原則として、ご家族の付添は必要ありません。医療上、ご家族の付き添いが必要な場合は、病院スタッフより相談させて頂きます。
  • 看護は、チームナーシング制の看護を行なっております。入院中の療養生活や治療によって生じる課題についてサポートさせて頂きます。詳細については担当看護師にご相談ください。
13対1入院基本料の施設基準
  1. 当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数は、常時、当該病棟の入院患者の数が13又はその端数を増すごとに1以上であること。
    ただし、当該病棟において、1日に看護を行う看護職員の数が本文に規定する数に相当する数以上である場合には、各病棟における夜勤を行う看護職員の数は、本文の規定にかかわらず、2以上であることとする。
  2. 当該病棟において、看護職員の最小必要数の7割以上が看護師であること。
  3. 当該病棟の入院患者の平均在院日数が24日以内であること。

入院期間について

リハビリを含め長期の入院治療の必要性が見込まれる場合は、連携先の医療機関への転院をお願いする場合があります。

入院生活の流れ

6:00 
起床の時間です 採血などの検査や体調の確認などを行います。

8:00 
朝食の時間です ご自身で召し上がれない方には看護師がお手伝いいたします。

午前の診察・検査・処置リハビリ等を行います。

12:00 
昼食の時間です

午後の診察・検査・処置リハビリ等を行います。

18:00 
夕食の時間です

20:00 
面会時間の終了です

21:00 
消灯の時間です

*基本的な入院生活の流れとなり、皆さまに当てはまる生活ではございませんので、ご容赦ください。

ナースコールについて

看護師にご用の際、押してください。
会話ができます。ただし大部屋については、夜間応答せず、直接伺いますので、お待ちください。

入院中の食事について
  1. 治療食の方は選択が限られる場合がありますのでご了承ください。
  2. 症状や検査、処置により、禁食になる場合があります。
シャワー浴について

医師の許可により、シャワーをご利用いただけます。

リネン交換について

シーツ、枕カバー、掛け布団カバーは定期的に交換いたします。
汚れた場合は、適時交換致します。

医師からの症状説明を受けたい場合

医師からの症状説明や面談をご希望の際は、事前に医師または看護師にお知らせ下さい。

外出・外泊について

外出や外泊の際には医師の許可が必要です。外出・外泊届に記載を頂き、許可を得る必要があります。ご希望される場合は、担当看護師にご相談ください。
※無断で外出・外泊された場合には、入院を継続することが難しくなることがあります。

迷惑・危険行為の禁止

医療は、患者様および医療者側の相互信頼関係のもとに成り立っております。以下のような行為や病院職員の指示等に従っていただけない場合は、退院していただく場合や、必要に応じて警察へ通報する場合もありますので、予めご了承ください。ご協力をお願いします。

  • 他の患者様やスタッフに対する暴言・暴力・セクシャルハラスメント・その他迷惑行為により、診療や業務に支障が生じる場合
  • 病院の敷地内において、飲酒・喫煙・宗教・政治活動された場合
  • 職員に対する文書作成の強要・面談の強要や器物破損をされた場合
  • 他の病室・病床への理由なき入室や、他の患者様への迷惑行為、その他円滑な診療を妨げる行為をされた場合等
病院内での携帯電話の使用について
  • 当院では、携帯電話が医療機器に誤作動等の影響を与える可能性があるとの理由から院内(建物内)における携帯電話の使用を一部禁止させていただいております。
  • ご来院の皆様におかれましては、使用場所とマナーを守っていただき、周囲の方々の迷惑とならないようご協力をお願いいたします。
  • 院内では必ずマナーモードに切り替えて下さい。
  • 大声や長電話など周囲の方の迷惑とならないようマナーをお守りください。
  • 1階待合室、診察室、多床病室での携帯電話のご使用は、禁止させていただきます。
  • 携帯電話の通話使用は、3階デイルームをご利用ください。
  • 院内で職員が使用しているPHSは、医療機器に影響を与えない微弱な電波を用いた医療用PHSで、安全性が確認されています。
入院中の他医療機関受診について

保険診療の制度では、入院中に他の医療機関を受診したり、薬の処方(内服薬・目薬・軟膏・湿布など)を受けることは原則できません。
他の医療機関受診が必要な場合は、病院で手続きをとりますので、担当看護師にお申し出下さい
病院に届出をしないで、他の医療機関を受診された場合は、その医療費は実費で患者様のご負担になることがありますのでご注意ください。

退院に向けて

主治医から退院のお知らせがありましたら、退院について担当看護師とご相談ください。退院にあたってのご注意や退院後の療養計画をまとめた「退院治療計画書」をお渡します。

退院手続きについて

退院日当日に1階の会計窓口で入院費の精算をして、病棟の職員に領収書をご提示ください。退院手続きを確認させて頂きましたら、診察券・次回の外来予約票(外来受診必要時)などをお渡しします。
また、退院時には「退院証明書」を事務からお渡ししますので、保管をお願いします。

診断書・証明書が必要な場合

診断書・証明書が必要な場合は、受付窓口でお申込ください。お申し込みからお渡しするまで1週間程度の日数を要しますので、ご了承ください。
生命保険会社ご提出の入院証明書は、生命保険会社指定の様式がございます。予め指定の用紙を取り寄せて、お申込ください。申し込みからお渡しするまで、2週間程度の日数を要する場合がございますので了承ください。尚、診断書・証明書は有料となります。
ご不明な点がございましたら、医事担当者にご相談ください。
診断書受付窓口(医事):月曜日~金曜日 9:00~16:00

患者様の医療安全のためにご協力のお願い

患者様のご本人確認のご協力

患者様がご本人であることを確認するため、都度お名前を確認させていただいております。
お薬を渡す時、点滴や輸血をする時、手術を受ける時、検査・採血をする時、配膳をする時などに確認をしています。職員と一緒に安全の確認にご協力ください。

転倒・転落のご注意

患者様の病気や状態によっては、転倒・転落の危険が生じることがあります。必要に応じてベッドの工夫や部屋の移動、薬剤の使用、離床センサーの設置などの危険防止対策を行うことがあります。また、危険が予想される場合には、ご家族の付き添いについて、相談させていただくこともあります。

感染対策について

重症の患者様は抵抗力が低下しているため病院感染が発生しやすくなります。手洗いの励行やマスクの着用にご協力ください。また、体調が悪い方は面会をお控えいただきますようお願いいたします。

防災・安全について

当院は全館禁煙です。
電気コンロ・電熱器の使用は固くお断りしております。
非常の場合の避難経路・非常口はお部屋に提示しておりますので、あらかじめ確認をお願いいたします。
病院内で不審な人を見かけましたら、直ちに当院スタッフにお知らせください。

心配事や悩み事のご相談  ご不満の申し出について

心配ごとや悩みを相談されたい時、ご不満がある際は、お気軽にご相談ください。
相談された患者様の情報は秘密保持を厳守いたします。

心配事や悩み事についてのご相談

患者様が当院での診療や療養生活に満足し、適正な日数でスムーズに退院・社会復帰できるように入院前から退院後まで、支援が必要な場合多職種でサポートいたします。
また入院したことに関連して生じる様々な生活上の悩みに対して、担当者が相談をお受けします。連携担当スタッフまでご連絡ください。

ご不満の申し出について

患者様が当院での診療や療養生活を過ごされる中で、ご不満がある場合、迷惑をかけられている場合など、看護部長、または連携担当スタッフにご相談ください。
内容に応じて、担当部署と調整や改善を図るよう対応いたします。

個人情報保護に関するお知らせ

当院では、患者様に安心して医療を受けていただくために、安全な医療をご提供するとともに患者様の個人情報については利用目的を明確にし、その取扱いには万全の体制で取り組んでおります。

個人情報の利用目的について

患者様の個人情報は定められた目的で利用させていただいております。
利用目的は正面玄関の掲示版に掲示させていただいておりますので、ご参照ください。
これら以外の目的で患者さんの個人情報を利用させていただく場合には、改めて患者さんから同意をいただくことにしております。

ご面会の方へ

面会について

ご面会時間をお守りください。

面会時間表
平日 午前 8:30~ 9:30
午後 14:00~20:00
日・祝日 午後のみ 14:00~20:00

*尚、患者様の病状等により、面会時間を調整させて頂く場合があります。

  • 当院では、電話による入院中の患者様についての質問や面会の問い合わせには対応しておりません。関係者の方への連絡はご家族の方からお願いします。
  • 面会にお越し頂きましたら、受付にて面会受付をお願いします。その後名札を受取り、それを付けて病院内にお入りください。
  • お子様連れの面会については、感染予防の観点よりご遠慮頂く場合がございます。ご面会のご希望の際は、病棟看護師にご相談ください。