未来ある「あし(下肢)」の治療|レイクタウン整形外科病院

未来ある「あし(下肢)」の治療

こちらのページでは、患者様が当院に来院されてからご自身のあし(下肢)を使って歩けるようになるまでの経緯・ストーリーをご案内しています。
より多くの方が、「痛みなく歩ける」ことを願い、当院だけでなく医療機関へご受診されるきっかけになればと考えたページです。

「あし(下肢)」の外科的治療について introduction

当院に受診される患者様の中には、「歩くことはできるけれど痛みが先行し外出がつらい」「長時間の歩行が困難」という方から、「あし(下肢)の痛みはさることながら、歩くことができない状態」で来院される方も多くおられます。

病気の早期発見早期治療のため、患者様ができるだけ早くご受診をしていただくことで、保存療法(薬やリハビリなど)での治療をご提案して参ります。

当院でも、患者様への治療は、できるだけ保存療法を推奨しておりますが、患部の状態がよくない患者様へは、外科的治療のご提案をしております。また、人工物をとりいれた人工関節置換術 だけでなく、高位脛骨骨切り術など患者様のライフスタイル(生活背景)や個々の好きな事、やりたい事に注目し、患者様と密なコミュニケーションをとり診療にあたっております。

患者様の健康年齢を上げ、皆様に「いつまでも元気に歩けるあし(下肢)」でいていただくために、レイクタウン整形外科病院 スタッフ一同、患者様にとって最適な医療を提供することを志し、日々研鑽を重ねて参ります。
また、予後のリハビリは、紹介先医療機関と連携をとり患者様のフォローにあたります。

手術症例一覧

患者様の手術前の状態、手術後だけでなく、どの様な経緯で手術に至ったか、また、入院日数、リハビリの内容、手術回数など、手術前と後、リハビリへと移行されていく中で患者様の心境の変化から、担当医師からのコメントを記載いたします。

  • 患者様のご年齢、体力、状態、性別など様々な条件により、個人差がありますので、必ずしも同じ結果が得られるわけではございません。
  • 手術症例は、保険適応で行っている診療です。
手術症例Contents

47歳 女性 :高位脛骨骨切り術

人工股関節置換術について

久しぶりにスキーができる?!
「膝の痛みのため、連続1時間立つ、歩くができない、日常生活が辛い。」 あし(下肢)が、よくなったら趣味であった「スキーがしたい!」


当院受診までの経緯

5年まえから徐々に歩くことが辛く、他院で筋力をつけるためのリハビリなどを行っていた。
最近(※来院時2019年7月)では、膝が痛く、日常生活に支障をきたす状態(台所仕事など、家事をすることが辛い)までになり当院に受診した。

手術前の状態と手術計画と結果

  術前
FTA 161 161
MPTA 90 90
mLDFA 93 93
脛骨後傾角 9 9
手術計画 矯正角度

【右】
  • 大腿骨 5 度
  • 脛骨 5 度

【左】
  • 大腿骨 5 度
  • 脛骨 7 度
矯正角度

【右】
  • 大腿骨 5 度
  • 脛骨 5 度

【左】
  • 大腿骨 5 度
  • 脛骨 7 度
  • 術後、金属プレートを外した際に、数値を記載します。(現在、手術後10ヶ月程度)
  • 術後1~1年半程度後に金属プレートを外しますが、患者様の予後により金属プレートを外す時期が異なります。

手術の状況

  • 手術実行:2019年8月
  • 手術回数:1回 / 入院日数:3週間

手術前レントゲン画像・膝軟骨内視鏡画像

レントゲン画像からも分かるように、日本人には珍しく、欧米人に多い骨格のX脚の患者様です。

手術前レントゲン画像・膝軟骨内視鏡画像01

↓ CT画像:白く映っているところは水が溜まっています。膝軟骨が、ほとんど無い状態のため、骨が保護されていません。赤丸箇所の半透明部は軟骨が残っている状態です。(膝内側は軟骨が存在する)


手術前レントゲン画像・膝軟骨内視鏡画像02手術前レントゲン画像・膝軟骨内視鏡画像03手術前レントゲン画像・膝軟骨内視鏡画像04
軟骨がないと骨と骨の間のクッションの役割がないため骨同志が直接ぶつかるため痛みを伴います。

術後4ヶ月

術後4ヶ月・画像01術後4ヶ月・画像02術後4ヶ月・画像03

(※)術後4ヶ月のレントゲン画像ではプレートで補強した骨が既にくっついています。 骨切りを行った骨はプレートで補強します。また、このプレートは、術後1年程度で取り外します。骨がくっついても、筋力を落とさないために補強用プレートを1~1年半程度付けておきます。

担当医師コメント

元々、モーグルスキーをされていた患者様でしたので、現在、骨がついてスキーが楽しんでいただきたいです。