脊椎|レイクタウン整形外科病院|腰や肩、首の疾患 脊椎

脊椎

当院で診療する脊椎疾患の症状(腰・首の痛みでお悩みの方)と治療について

主な症状

腰痛

腰痛は、日常生活の中でとても頻繁に見られる症状で、日本人の多くがこの痛みに悩まされており、国民病とも呼ばれています。原因はひとつではなく、いろいろなことが重なることで腰痛となります。最もよくみられるのが、腰椎(腰骨)の一部である椎間板や椎間関節と呼ばれる部位の退行性変化(老化)によって起こるものです。これに不良(悪い)姿勢が重なると腰痛がさらに起こりやすくなります。

その他、腰痛の原因となる特別な病気として、腰椎椎間板ヘルニア、脊椎分離症・すべり症、腰部脊柱管狭窄症などがあげられます。また、場合によっては、悪性腫瘍(癌)の転移、化膿性脊椎炎、脊椎カリエス(結核)、外傷(圧迫骨折など)による症状で起きるということも考えられます。

一般的な腰痛の経過はわりと良好で、1~2週間で痛みは和らいでいきます。 しかし、起き上がれないほど激しい痛みがある、痛みが長引き快方に向かわない、腰痛以外に下肢症状(足の痛み・しびれ)が出る場合などには特別な病気の可能性があるので注意が必要です。

手足のシビレ感

手足のシビレは脊髄や末梢神経が傷ついておきる現象で、脊髄の病気や坐骨神経痛で発生します。同様のシビレは、肩こりや頚肩腕症候群、肘の腱鞘炎、下肢の筋肉痛などでも一時的に感じることがありますが、これらの場合はしばらく様子を見るだけで構いません。

この他にもシビレ感が見られる疾患や症状には、糖尿病やある種のビタミン欠乏症、遺伝性感覚欠損、閉塞性動脈硬化症(歩行すると足がシビレる)などもあります。これらの場合は内科的治療などが必要です。

一方、脊髄や坐骨神経が圧迫されることでシビレ感や感覚障害が発生する疾患(頚椎症、後縦靱帯骨化症、脊髄腫瘍、腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症など)では、脊椎脊髄病専門の整形外科的診断と治療が必要です。

手足の運動障害・麻痺

手や足に運動障害や麻痺がみられる場合、その特徴や徴候から以下のような障害が考えられます。

手がしびれて、上手に動かせない、あるいはものがつかめない。もっと具体的に言えば、箸が使いにくくなった、ボタン掛けがしにくくなった、財布から硬貨を取り出しにくくなった、などの症状は、手指の巧緻運動障害であり、これは頚髄障害の重要な徴候です。また、肩を挙げたり、肘を曲げたりする力が弱くなった、握力が弱くなった、などの筋肉の力が弱くなる症状も、筋力麻痺によるもので脊髄神経障害のひとつではないかと思われます。

足については、歩きが不安定でよろける、階段を下りる時に手すりが必要、つま先立ちができにくくなった、スリッパが抜けやすくなった、などの症状がみられる場合は重要な脊髄障害の徴候です。

これらの運動障害・麻痺の主な原因は、脳あるいは背骨の中を通っている脊髄神経、または脊髄から枝分かれしている脊髄神経根の障害によるもので、頚椎症、後縦靭帯骨化症、黄靱帯骨化症、脊椎腫瘍、脊髄腫瘍、椎間板ヘルニア、腰椎分離症、腰椎すべり症、腰部脊柱管狭窄症などで現れます。

これらの症状が、何のきっかけもなく起こり、次第に強くなっている場合は、早期の治療を開始する必要があります。

歩行障害

歩行障害の原因は、下肢の病気とそれ以外の病気に分けて考えることができます。

下肢の病気としては、関節の変形が代表的なもので、関節痛が主な特徴です。一方、下肢以外の病気による歩行障害は、背骨の病気による神経障害と下肢の血流障害が主な原因です。通常は、神経障害による歩行障害が多く、殿部から下肢の後面を通り下腿部の下まで放散する痛みとしびれで歩くことができなくなります。しかし安静時には全く症状が無いので、治ったと思いまた歩くと痛みやしびれがでて長く歩くことができなくなります。このように歩行と休息を繰りかえす歩行障害を間欠跛行といいます。この間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄による神経障害や閉塞性動脈硬化症による血行障害の特徴的な症状でもあります。

歩くと下肢が痛い・しびれるといった症状があるときには受診をお勧めします。

これらの症状が、何のきっかけもなく起こり、次第に強くなっている場合は、早期の治療を開始する必要があります。

下肢痛

下肢(脚部)の痛みの原因には、下肢の関節障害や、骨・筋肉に異常がある場合もありますが、腰からの神経が原因となっている場合も少なくありません。特に長時間の立位や歩行時に下肢痛を感じる場合は、腰部脊柱管狭窄症(腰の神経の通り道である脊柱管が狭くなっている状態)や腰椎椎間板ヘルニアなどの腰の疾患に起因していることが多いので、整形外科専門医を受診する必要があります。

さらに寝ている時にも下肢痛が認められるという方は、背骨の腫瘍や神経の腫瘍、炎症などを合併していることも考えられますので、脊椎脊髄病専門医の診察を受けるようにしてください。

また腰痛に下肢痛を伴っている場合は、正確な診断を受けた上で治療を行えば早く痛みを直すことにつながります。特に足の力が入りにくい、排尿や排便が以前と違うといった症状がある場合には、神経の麻痺がすでに生じています。診断や治療が遅れると麻痺が治らないこともありますので、この場合も速やかに受診されることをお勧めします。

頚部痛・肩こり

頚部痛や肩こりは、若い世代からお年寄りまでの幅広い年齢層で認められる症状です。平成25年の厚生労働省の報告によると医療機関を受診する原因として、女性では1位、男性では腰痛に次いで2位となっています。なお、その原因には様々なものがあり、年齢によっても原因が異なっています。

女性の場合は、なで肩の方に多く、生活習慣、作業姿勢や環境などが関係しています。若い方の場合は筋肉の血行障害や疲労、関節の炎症によるものが多く、中・高齢者の場合は頚椎(首の骨)や肩関節などの加齢性変化(老化)によるものが多いと言われています。

また、うつ病、内臓由来の関連痛、眼科疾患、耳鼻咽喉科や歯科疾患が関与していることもあります。このほか整形外科疾患としては頚椎椎間板ヘルニア、頸椎症性脊髄症、後縦靭帯骨化症、悪性腫瘍(癌)の転移などの疾患が原因となっていることがあり、そのまま放置すると手足の麻痺などの重篤な症状へと進行していくこともあります。

したがって、症状が持続する場合や手足のシビレ、手の使いにくさ(巧緻運動障害)、歩きづらさ(歩行障害)などを自覚した際は整形外科専門医を受診し原因をしっかりと調べることが必要です。原因をはっきりさせることで適切な治療法にのぞむことができ、場合によっては劇的な症状の改善が得ることもあります。

頚部痛や肩こりは「治らないもの」、「たいしたことのないもの」として放置せず、正しい診断に基づいた適切な治療を受けることが大切です。

腰椎・腰(こし)

腰椎椎間板ヘルニア

椎間板は、背骨(脊柱)を構成する椎骨と椎骨の間に存在し、背骨に加わる衝撃を緩和するクッションの役割を担っています。椎間板は中心部にゼリー状の髄核と呼ばれる柔らかい組織があり、その周囲の線維輪と呼ばれる丈夫な外層とで構成されています。髄核は子供ではゼリー状ですが、年齢とともにみずみずしさがなくなっていきます。この椎間板に強い圧力が加わったり、線維輪の弾力性が低下すると、亀裂が生じ、椎間板の内容物が押し出され突出します。これを椎間板ヘルニアと呼び、突出した椎間板が神経を押さえると下肢に痛みが生じることがあります。

主な症状は、急性の激しい腰・下肢痛です。さらに症状が進行すると下肢の力が入りにくくなり、蹴まづきやすいなどの運動障害が起こります。また、ごく稀に馬尾と呼ばれる腰椎部の神経が、ヘルニアにより強く圧迫され傷つくと排尿や排便の障害を生じることがあります。 痛みやしびれなどの症状は、腰の前屈動作(前かがみ)や椅子に座った時に強くなることがあります。

診察では、あお向けに寝て膝を伸ばした状態で片方ずつ足を持ち上げていく下肢伸展挙上テストを行います。ヘルニアであれば下肢に走る痛みが誘発されます。レントゲン検査では椎間板や神経の描出が困難なためMRIによる検査が必要です。

ヘルニアには特殊なタイプもありますので、椎間板ヘルニアに対しては脊椎脊髄病専門の整形外科専門医(脊椎脊髄病学会指導医)の診断と治療が必要です。通常は手術をせずに保存的治療(薬、注射、理学療法など)で軽快しますが、適切な治療にも関わらず下肢の痛みが治らない場合、下肢の麻痺が進行する場合や前述の排尿、排便障害がでてくるような場合には、手術が必要です。

腰部脊柱管狭窄症

背骨には神経の通り道である脊柱管と呼ばれる孔があります。長い年月の間、体を支え続けていると背骨が変形して脊柱管が狭くなっていきます。腰椎部で脊柱管が狭くなった状態を腰部脊柱管狭窄症と呼びます。

腰部脊柱管狭窄症は、50歳代以降から徐々に増えてきます。脊柱管が狭くなると、そのなかを走っている神経(馬尾や神経根)が圧迫されて、坐骨神経痛と呼ばれる下肢の神経痛やしびれ、麻痺(脱力)が発生します。その他にも、両下肢のしびれや、股間のほてり、排尿後にまだ尿が完全に出し切れていない感じ(残尿感)、便秘などの膀胱・直腸症状が発生します。

これらの症状は、主に歩行時により惹起されます。そのため腰部脊柱管狭窄症では、長距離を続けて歩くことができなくなり、歩行と休息を繰りかえす間欠跛行という状態になります。歩くと下肢の痛みやしびれが強くなってくる、あるいは下肢の症状に排尿の異常を伴うような症状があれば腰部脊柱管狭窄症が疑われますので診療を受けるようにしてください。

腰椎変性すべり症

変性すべり症は、腰の骨(腰椎)が前後にずれてしまう病気で、中年以降の女性に多く見られ、第4番目の腰椎によく認められます。原因は明らかではありませんが、ほとんどは加齢とともに腰椎の椎間板や関節・靭帯がゆるみ、腰椎が不安定性(ぐらつき)を伴ってずれるようになり、脊柱管(神経の通り道)が狭窄することで神経が圧迫されていきます。これにより腰痛や下肢の痛み・しびれが生じるのです。

進行とともに症状は変化し、初めは腰痛が主体ですが、さらに進行すると脊柱管の狭窄による間欠跛行(長い距離を歩くと痛み・しびれが強くなり、しゃがみこむと症状が軽減する)が認められたり、末期になると安静時にも下肢の痛みやしびれが出現するようになります。

この疾患の治療は保存療法が原則です。腰痛が強い場合は、コルセットを装用し日常生活で腰に負担のかかる動作を避け安静にすることに努めてください。そして消炎鎮痛剤などを内服し、痛みが軽減してきたら腰部のストレッチングや筋力訓練を行います。

保存療法で改善の得られない症例では除圧術や脊椎固定術などの手術が必要となることがあります。適切な治療が行われれば、治療後の経過は比較的良好ですので、お早めに診察を受けるようにしてください。

腰椎変性側弯症

変性側弯症とは、加齢に伴って椎間板や椎間関節が変性して椎体を支える力が弱くなり、脊柱が側方に曲がってくる(側弯)状態を言います。

主な初期症状は腰痛ですが、骨棘(こつきょく)などの椎体変形や脊柱のねじれ(回旋変形)を伴ってくると神経根や馬尾を圧迫して、下肢のしびれ、痛みや筋力低下が生じる場合も少なくありません。また、側弯が進行すると腰痛が悪化したり、体幹のバランスも悪くなり、日常生活に支障を生じます。

治療では、症状が軽度の場合はコルセットなどで保存的に治療しますが、症状が強い場合は手術が必要になります。その際、変形した骨や軟骨を削り、症状を起こしている神経根や馬尾の圧迫を取る(除圧術)だけでよくなる場合もあります。しかし、骨を削ったために後でさらに変形が進む場合もあるので、側弯の程度や神経の圧迫の状態によっては脊椎に骨盤から取った骨を移植して固める脊椎固定術が必要な場合もあります。

その場合には特殊な金属のスクリューやロッドで背骨を支える必要があることが多く、特殊な技術が必要となります。したがって、治療法の選択、固定範囲など専門性の高い知識が必要になりますので、診察を受けることをお勧めします。

頚椎・首(くび)

頸椎椎間板ヘルニア

椎間板はブロック状の椎骨と椎骨の間に存在し、脊柱に可動性を持たせながらクッションとしての役割も担っています。椎間板は中央の髄核と外側の線維輪から構成されています。髄核は水分を多く含むゲル状の物質からなり、線維輪は丈夫なコラーゲン線維からなるシートが層状に重なった構造をとっており、中央の髄核を取り囲んでいます。椎間板は常に力学的負荷にさらされていることから、10代後半から変性(老化)が始まり、髄核の水分含有量の減少や線維輪に小さな断裂や亀裂が生じます。その亀裂から髄核が脱出した状態が椎間板ヘルニアです。

頚椎椎間板ヘルニアは頚椎の疾患の中でも頻度の高い病態の一つであり、中年以降に多くみられます。症状はヘルニアの突出方向によって異なります。一般的には左右どちらかに偏って突出することが多く、脊髄から分岐した片側の神経根(神経の枝)を圧迫することにより、片側の頚部から肩および肩甲骨・腕などの痛みやしびれを生じ、筋力低下を呈することもあります。一方、中央に大きく突出した場合には脊髄の本幹を圧迫することにより、手指の細かな運動がしづらい、歩行障害や膀胱直腸障害(頻尿、尿閉、尿失禁等)などの症状が出現します。

治療では保存的な治療が中心ですが、脊髄や神経根の圧迫による神経障害が出現した場合には早期に手術を要する場合もあります。神経障害を長期間放置した場合には回復が困難になってしまうこともありますので、前述の症状を自覚した場合にはお早めに受診をお勧めします。

頚椎症・頚髄症

頚の背骨の間にある椎間板という軟骨が、加齢に伴い水分が減少して高さを減じ、それに伴い骨棘と呼ばれる骨の棘が増生し、神経を刺激するために、頚が痛くなる状態を頚椎症と言います。

この場合、頚部痛だけでなく、うなじ(項部)や肩甲部にも鈍い痛みがでることがありますが、多くの場合は薬物療法、温熱療法や軽い運動療法で様子を見れば十分です。しかし、この状態が進行して骨棘が手にいく神経の枝を圧迫すると、手の痛み、シビレ、運動麻痺が生じます。このような状態を頚椎症性神経根症と呼びます。

さらに狭窄が進行して脊髄という神経の幹が強く圧迫されるようになると、手の症状だけではなく、両手足のシビレや痛み、運動麻痺、さらには尿や便の排泄障害(膀胱排尿障害)がでてきます。この状態を頚髄症(頚椎症性脊髄症)といいます。頚の症状だけでなく、手足や尿・便の症状がでてきた場合は、脊椎脊髄病専門医の診察が必要になります。骨棘の発生部位やその大きさをレントゲン像で調べ、脊髄や神経症状の程度と脊髄変形をMRIなどで検査する必要があります。

軽度のシビレ、感覚障害や痛みならば薬物療法などで様子をみることもありますが、その症状が一向に良くならず加えて運動麻痺や筋力低下がでてくると手術が必要です。手術は前方法(前方除圧固定術)と後方法(脊柱管拡大術)に大別され、技術的にもほぼ確立されたものになっています。

その他

骨粗鬆症・脊椎圧迫骨折

骨粗鬆症は骨の新陳代謝のバランスがくずれて、新しい骨を作るために骨をとかす働き(骨吸収)が新しい骨を作る働き(骨形成)を上回り、骨量が減少した状態をいいます。

骨粗髪症になると骨がスカスカになるだけではなく、骨の質も変化するため、骨が脆くなります。骨の代謝は女性ホルモンの影響をうけるため、女性では閉経後に多く見られます。我が国では約1300万人の患者さんがいると推定されていますが、実際に治療を受けているのはそのうちの20%程度(約260万人)と考えられます。骨粗鬆症では骨がもろくなるため、軽微な外傷で脊椎・手関節・大腿骨などの骨折が起こりやすくなります。脊椎に生じる骨折は四角い形をした脊椎が潰れる圧迫骨折といわれるものです。

骨粗髪症が進行すると、明らかな外傷がなくても圧迫骨折を生じる場合があります。骨折すると背中や腰の激痛を生じます。潰れた脊椎は元の形には戻らないので潰れた状態で骨がついていきます。このため、痛みがとれた後にも背中が丸くなる(円背、猫背)、身長が低くなるといった状態が残ります。日本人女性の骨粗鬆症性の圧迫骨折の有病率は、外国人女性と比較して高いことが報告されており、一度、骨折を起こすと次々に起こりやすくなることから、初期治療が重要と考えられています。

なお骨の量は比較的簡単に計測できます。そのため、まず病院等で検査を受け、現在の自分の骨量を確認してください。その結果、骨量の減少がみられる場合は、骨の量を増やしたり、骨を強くする作用の薬物を投与します。またすでに圧迫骨折を生じてしまっている場合は、コルセットやギプスなどを使用して痛みを和らげたり、脊椎変形の防止に努めます。適切な処置を病院で行わないと骨がつかなくなり痛みが持続する場合があります。

圧迫骨折では保存治療が原則ですが、病院によっては骨折した部位に骨セメントや人工の骨(カルシウムペースト)を注入する治療を行っているところもあります。圧迫骨折の一部では、骨折した骨や脊椎変形のために脊椎の中を通る神経が障害され麻痺を生じる場合があり、手術が必要になることがあります。適切な薬剤治療を受け、食生活や運動など生活上の注意点に留意することで、骨量減少をおさえ骨折の危険性を減少させることができますので、早めに受診することをお勧めします。

主な保存療法

腰痛症に対する保存療法

腰痛症とは、腰部の痛みと運動制限を認め、通常下肢のしびれや麻痺などの神経学的所見を認めない状態の総称です。急性に生じた場合には、一般的に『ぎっくり腰』と言われています。痛みの原因は、筋肉、靭帯、椎間板、椎間関節にあるとされていますが、いまだ不明の点も多く残されています。また、他の腰椎疾患の前ぶれとして生じている場合があります。治療は急性、慢性の腰痛症によって多少異なりますが、保存療法が中心となります。

安静、生活習慣の改善

痛みは腰にかかった負担によって筋肉や関節部で起きた炎症のため生じるとされています。そのため、まずは安静により腰にかかる負担を減らすことによって、回復が期待されます。また日頃からストレッチや筋力訓練を行ない、腰部周囲の筋肉のバランスを整えることは腰痛の再発予防につながります。腰痛を感じなくなるまで安静を保つ必要はなく、動ける範囲で日常生活を維持したほうが、治療効果が高いことが科学的に証明されています。

内服・外用薬治療

一般的には鎮痛目的に非ステロイド系抗炎症薬を、痛みにより緊張した筋肉を弛緩させるために筋弛緩薬を使用します。また、湿布や塗り薬など外用薬も適宜使用します。薬による治療は、特に急性の腰痛症に有効なことがわかっています。

ブロック療法

トリガーポイント(発痛点)に局所麻酔薬や抗炎症薬を使用する事によって痛みを治療する方法です。トリガーポイントをブロックしますと、交感神経系の異常な興奮が抑えられ、局所の血行が改善され、発痛物質(痛みを誘発する物質)が抑制され、痛みが緩和されると考えられています。

腰部脊柱管狭窄症に対する保存療法

腰部脊柱管狭窄症は神経の通り道である脊柱管が先天的または後天的に狭くなり、脊髄神経根や馬尾を圧迫し、下肢の疼痛、感覚障害などの多彩な症状をもたらす病気です。本疾患特有の症状として間欠性跛行が生じます。これは歩行の持続に伴って両下肢のしびれ、痛み、脱力が生じ、やがて歩行不能となる症状であり、腰を掛けた状態での休憩やしゃがみ込むことで、症状は軽快します。姿勢変化の関与が非常に重要で、自転車や乳母車を押すなど、腰を前かがみにした姿勢では症状が出ないことが多いです。

部脊柱管狭窄症による下肢の筋力低下や感覚鈍麻といった麻痺の症状、著明な歩行障害、頻尿・便秘といった膀胱直腸障害などが出現した場合には、手術の適応となりますが、腰や下肢の痛みが主な場合はまず保存療法を考慮します。

生活上の注意

台所などで長時間立っていることで、下枝がしびれたり痛くなってきたりする場合は、肘をつくようにする、あるいは、5-10cmくらいの足台に片脚をのせるといったように、腰椎の前彎を軽減させる姿勢をとると、より長く立っていることができます。また、歩行の時に杖をついたり、老人車を押すことで、少し前かがみの姿勢をとると、より長く歩くことができます。

薬物療法

腰や下肢の痛みが強い場合、消炎鎮痛薬やビタミン剤の内服が有効なことがあります。また、最近、プロスタグランジンというお薬が圧迫されている神経の血流を改善させ、しびれや間欠性跛行を軽減させる効果があることが分かってきました。症状に応じて点滴や内服で投与します。こうしたお薬の効果には個人差が大きいため、主治医とよく相談の上、服用してください。

安静

急激な腰痛、下肢の痛みには、初期治療として、安静が有効です。しかし、長期間、床に伏すことは、循環機能・呼吸機能の低下、褥創、関節の拘縮、筋力の低下といった2次的弊害が大きな問題となるため、痛くない範囲で体を動かすことも大切です。

運動療法

体幹の屈曲運動を中心としたストレッチや筋力強化訓練を行います。筋力が強くなることで腰が安定して腰痛、下肢痛の軽減、日常生活の適応性の改善が見込まれます。歩行練習は、過剰に行うとむしろ間欠性跛行が悪化することがあるため、歩行はできる範囲で行い、遠くへの移動には自転車や車の使用をお勧めします。決して無理しないことも重要です。

頚椎疾患の保存療法

頚椎部のさまざまな病変によって頚部痛、肩甲部痛、上肢の痛み、しびれが生じますが、これらの症状は筋肉の持続的な緊張を生じ、筋炎、筋膜炎の原因となり、さらに症状を悪化させる可能性があります。頚椎は日常生活において、胸椎や腰椎に比較し、運動頻度が高く、運動範囲が大きいという特長があります。さらに、頭部をのせる支柱の役割があるため負担がかかりやすく、症状が首の動きにより増強すると考えられます。

安静と薬物・装具療法

頚椎疾患の保存療法として、まず安静と薬物療法が第一選択と考えられています。一番の頚椎の安静位は顎を軽く引いた状態で前上方を向いた姿勢をとる状態であり、この姿勢を保持することは大切です。しかし、痛みが強い場合には、頚椎装具を装着すれば、頚椎の安静、制動に非常に有効であり、痛みが軽快します。鎮痛剤、筋弛緩剤の投与や、神経障害に対するビタミン剤の投与も多くの場合有効です。

理学療法

持続する症状に対しては、温熱療法、牽引療法などの物理療法が有効なことも少なくありません。温熱療法は疼痛や、筋肉の痙攣を軽減させ、血行改善が期待され、筋肉の拘縮が有る場合に特に有効と言われています。牽引療法は頭部による頚椎への荷重を軽減し、運動を制限して安静を保ち、硬直した筋肉を緩める作用があると考えられています。 慢性に持続する症状には運動療法が行われます。これは患者さん自身が自ら積極的に行う治療法です。拘縮や過緊張をきたした筋に対するリラクセーション、弱くなった筋力の回復、筋肉相互間のバランスの乱れを整えるなどの効果があると考えられています。複雑な運動より、単純な体操、運動が効果的といわれておりますが、いずれにせよ短期間では十分な効果は期待できないため、根気強く継続する必要があります。

これらの保存療法は全ての方に同様に有効というわけではありません。ご本人に合った治療を担当医の先生と相談しながら進めることが重要です。また、治療効果が不十分のまま漫然と継続すべきではありません。明らかな筋力低下、筋肉の痩せ、歩行障害、書字、つまみ動作の不具合などの症状がある場合は手術が必要なこともあるため、早めに受診し、MRIなどの精密検査を行うことをお勧めします。